男性の若ハゲの原因は何?どうして10代や20代でハゲるの?

若ハゲ

10代や20代でも悩む「男性の若ハゲ」の原因を解説!

まだ若いのにシャンプーの時の抜け毛が激しい、ボリュームが少ない…。

いわゆる若ハゲという症状ですね。

ある程度年齢を重ねれば、ついに薄毛の兆候が…とまだ納得ができるかもしません。

しかし、これが10代20代で起こると不安を感じる男性も多いでしょう。

そこで今回は、男性の若ハゲの原因について徹底解説

今現在若ハゲに悩む男性も、予防をしたい方も、まずは若ハゲが起こる原因を正しく把握しましょう。

そもそも「若ハゲ」とは?

若ハゲとは、言葉のとおり若い年齢でハゲてしまう症状のことを指します。

「若年性脱毛症」とも言われる症状ですね。

具体的には、10~30代でハゲてしまった場合に「若ハゲ」と呼ぶことが多いようです。

薄毛で悩む男性の割合は、30代以降が圧倒的に多いのですが、10代20代もけっして少なくありません。

あるデータでは、20代の男性の内4人に1人は薄毛の症状を自覚し悩んでいるという結果も出ています。

では、なぜ若くしてハゲてしまうのでしょうか。

次の項目で詳しく解説していきますね。

10代や20代にも該当する「男性の若ハゲ」の原因はこれ!

ここからは、男性の若ハゲの原因について詳しく解説していきます。

10代、20代でも薄毛が進行する原因は、大きく4つ考えられます。

  1. DHTの増加
  2. 生活習慣の乱れ
  3. ストレス
  4. 誤ったヘアケア方法

下記では、男性の若ハゲの原因を対処法も含め詳しく解説するのでさっそくチェックしてみましょう。

DHTが増加している

男性の若ハゲの原因として最も多いと言われているのが、DHTの増加です。

いわゆるAGA(男性型脱毛症)の症状ですね。

DHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンの一種。

筋肉や骨などを強くする男性ホルモン「テストステロン」に、5αリダクターゼという還元酵素が結びつき作られるものです。

体毛を濃くしたり、皮脂分泌を活発にするなど、テストステロンよりも強い働きを持っています。

DHTが増えてハゲるメカニズム

ここからはDHTが増えるとなぜ若ハゲになるのか、そのメカニズムを解説していきます。

まず、髪の毛には「生えて、成長して、抜ける」という一定の周期があり、これをヘアサイクルと呼んでいます。

通常、髪の毛の成長期は2~6年あるとされ、成長しきって抜けて、また毛が生えるもの。

しかし、DHTは髪の毛の根元にあるアンドロゲンレセプター(ホルモン受容体)に結びつき、髪の成長を妨げる働きをしてしまうのです。

DHTによってヘアサイクルが乱れると、髪の毛の成長期が短くなり抜け毛が増加。

十分な成長期間が得られないため髪の毛も細く弱くなり、髪の毛が減りハゲてしまうのです。

男性特有のDHTによる若ハゲの症状は、生え際や頭頂部によく見られる特徴があります。

生え際が後退しおでこが広くなっている、つむじ付近が薄くなっている場合は、DHTが原因である可能性が高いでしょう。

対処法

DHTによる男性の若ハゲは、原因となるDHTを抑制することが最も効果的な対処方法です。

具体的には、育毛剤や治療薬を使用するのがおすすめですね。

最も効果が高い方法は、DHTの抑制効果が唯一国に認められている治療薬を使用することです。

ドラッグストアなどでは販売されていないため、希望する場合は専門クリニックの受診を検討しましょう。

また、若ハゲの治療薬は10代では使用が禁止されています。

その他に、治療薬の副作用のリスクを心配する人もいるでしょう。

そんな時には、副作用の心配のない男性用の育毛剤を使用するのも一つの方法です。

いずれにせよ、DHTが若ハゲの原因であった場合、その脱毛症状は進行性のものである可能性が非常に高いです。

放置しても自然に治る可能性は低く、放っておくとどんどん悪化することも考えられます。

少しでも特徴がある場合は、早めに対処するようにしましょう。

乱れた生活習慣を過ごしている

2つ目の原因は、生活習慣の乱れによるものです。

男性の若ハゲの要因は、遺伝的な要素も大きく関係します。

しかし、親族にハゲの人がいても必ずハゲるわけではなく、遺伝するのは「ハゲやすい体質」のみ。

ハゲを進行させるきっかけとなってしまうのが、生活習慣の乱れなのです。

特に10代20代で若ハゲに悩む男性は、生活習慣に問題があるケースが多いそうです。

下記では、男性の若ハゲを引き起こす5つの悪い習慣をチェックしてみましょう。

食事

男性の若ハゲのきっかけとして、まず乱れやすいのが毎日の食事です。

私たちは身体の中である程度の栄養を作ることもできますが、多くは食事から栄養を摂取します。

健やかな髪の毛を育てるための栄養も、食べ物から摂取する必要があります。

特に髪の毛に必要となるのは、タンパク質、亜鉛、ビタミン類の3つ。

これらの栄養は髪の毛以外でも必要とされるため、不足した場合は生命維持に関わる場所へ優先して供給されます。

すると健やかな髪の毛が育たず、1本ずつが弱くボリュームがなくなり、抜け毛も増加し若ハゲの原因になってしまうのです。

また、食べ物が身体に与える影響は大きく、例えば脂っこいものを多く食べる等も良くありません。

頭皮の皮脂が増加し、薄毛を進行させる原因になってしまいます。

男性で、しかも10代20代の内は脂っこいものを好んで食べる方も多いですよね。

食生活の乱れに心当たりがある方は、1日3食・栄養バランスのとれた食事をとることを心がけましょう。

栄養面に不安がある方は、髪に必要な栄養が多く含まれた育毛サプリの活用もおすすめですよ。

睡眠

2つ目に注意したいのが、睡眠です。

10代・20代の若い男性の場合、体力があるのである程度寝なくても無理ができてしまうもの。

しかし、私たちの身体や髪の毛を作る細胞は、夜寝ている間に最も活発に生まれ変わりを行っています。

特に入眠後約3時間の最も眠りが深い時間は、成長ホルモンが多く分泌され細胞の代謝が活発な時間。

睡眠は、深い眠りと浅い眠りを交互に繰り返し、起床時間が近づくにつれ徐々に浅い眠りが多くなってきます。

そのため、睡眠時間が短いと浅い眠りの時間が多くなり、髪の成長が十分に行われず若ハゲの原因になるのです。

人によって適切な睡眠時間は異なりますが、目安として6〜7時間は睡眠時間を確保できるようにするといいでしょう。

また、寝る前のスマホ操作などで脳が刺激され、睡眠の質が落ちても良くありません。

十分な睡眠時間が確保できない方は、寝る前にリラックスする時間を作り睡眠の質を高めることをおすすめします。

タバコ

3つ目に注意すべきは、喫煙です。

タバコを吸うだけで若ハゲになる、とは言えませんが若ハゲを進行させる原因になりえます。

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させる作用があり血行を悪くします。

髪の毛を作るための栄養や酸素は血液によって運ばれるため、血行が悪くなると髪の成長の妨げとなるのです。

また、喫煙は活性酸素を増加させ頭皮を老化させる原因にもなります。

他にも食事でとったビタミンCを破壊するなど、身体はもちろん髪の毛の成長にも良い効果はありません。

最近ではタバコを吸う若い世代の男性が減ってきているというデータもありますが、まだまだ喫煙者は多くいます。

喫煙がストレス解消になるというデータもありますが、若ハゲが心配な男性はできれば控えたほうがいいでしょう。

お酒

4つ目に注意したいのが、過度な飲酒です。

お酒は百薬の長ともいうので、タバコのように悪い影響しかないものではありません。

適量であれば血行を良くするなど、良い影響もあります。

しかし、過剰に飲んでしまうと髪の毛にも悪い影響があり若ハゲを進行させる原因になってしまいます。

例えば、アルコールを分解する時には髪の毛の主成分にもなるタンパク質やビタミンを多く必要とします。

せっかく髪の毛に良い栄養をとっても、アルコール分解で消費されていては薄毛改善に効果を発揮できません。

さらに、アルコール分解時に出るアセトアルデヒドは、若ハゲの原因となるDHTを増加させる作用もあると言われています。

20代となれば、仕事の付き合いなどでお酒を飲む機会が増える男性も多いでしょう。

飲むこと自体が髪の毛にとって悪いことでないので、飲みすぎないようにだけ注意しましょう。

目の疲れ

最後に注意したいのが、目の疲れです。

若ハゲと関係ないように思えますが、目の筋肉は頭皮に近い位置にあるもの。

また、深刻な眼精疲労は肩や首の凝りにも繋がります。

頭皮に近い眼球周りや、肩・首が凝り血行が悪くなると、頭皮の血行不良にも繋がり若ハゲ進行の原因となってしまうのです。

10代・20代はPCやスマホの操作で、目を酷使することも多いでしょう。

目を使わないことは現代の生活上難しいので、毎日目を休める時間を設けるようにしましょう。

男性は特別なケアをしない方も多いかもしれませんが、疲れが酷い時はホットタオルなどで目を温めるのも効果的ですよ。

ストレスが溜まっている

3つ目の原因が、ストレスの蓄積です。

10代であれば学校生活や学業のこと、20代であれば仕事のことなど、ストレスを感じない人はいないでしょう。

ある程度は仕方ないものの、蓄積すると若ハゲの原因となってしまいます。

ストレスでハゲる理由

ストレスでハゲる理由とはどのようなものなのでしょうか。

ストレスによる悪影響で大きいのは、自律神経の乱れによって起こる血行不良でしょう。

強いストレスは交感神経を緊張させ、血管を収縮させてしまうのです。

すると、前述のように栄養が行き届かず若ハゲを招いてしまうことがあるのですね。

また、ストレスは頭皮を老化させる活性酸素の増加や、生活習慣の項目でも説明したような睡眠の質の低下の原因にもなります。

強いストレスが蓄積している場合は、下記のような症状が出ると言われているのでチェックしてみましょう。

  • 疲れがとれない
  • 夜眠れない、もしくは眠りが浅く夢をよく見る
  • 無気力、朝起きれない
  • 手足が冷たい
  • 食欲がない

自覚できていればいいのですが、酷い場合はストレスの自覚症状がない場合もあるので注意しましょう。

ストレスの発散方法

ストレスを感じやすいか、蓄積しやすいかどうかは個人差があるもの。

ストレスを感じないことは難しいですが、溜め込まないように上手なストレス発散方法をチェックしておきましょう!

10代の男性の場合、あるデータではストレスの要因は「将来の進路」「勉強」が多くを占めるとありました。

そこで、10代の方におすすめのストレス発散には下記のような方法がおすすめです。

  • 好きなことに時間を割く
  • 気の合う友達と楽しい時間を過ごす
  • 十分な睡眠をとる
  • 思いっきり身体を動かす

20代以上の男性の場合、ストレスの要因として圧倒的に多いのは仕事にまつわること。

仕事の内容はもちろん、人間関係や通勤の負担など多岐にわたります。

そこで、20代の方におすすめのストレス発散には下記のような方法をおすすめします。

  • 仕事から離れて旅行に行く
  • ご褒美をあげる
  • 湯舟に浸かってぼーっとする
  • 不安や悩みを紙に書き出し整理→ビリビリに破く
  • 大きい声を出したり泣いたり感情を露わにする

少し大掛かりな方法もありますが、ゆっくり寝る、お風呂に入るなど毎日できる方法まで様々です。

自分に合う方法でこまめにストレスを発散し、若ハゲを対策しましょう。

シャンプーやドライヤーのやり方を間違えている

4つ目の原因は、シャンプーやドライヤーなどヘアケア方法を間違えている場合です。

毎日当たり前にしていることですが、間違った方法をしているとダメージが蓄積し若ハゲの原因となってしまいます。

正しいやり方も含め下記で詳しく解説します。

シャンプー

毎日何気なくしていることですが、間違った方法でシャンプーをしていると頭皮のダメージとなります。

例えば、すすぐ時のお湯の温度や、洗う時の指の強さ、シャンプー自体の洗浄力ですね。

シャンプーの時の抜け毛が多い、髪を洗い終わった後にかゆみが残るなど。

少しでも違和感がある方は、自分のシャンプーのやり方があっているか確認してみましょう。

  1. 髪を濡らす前にブラッシングで表面の汚れを落とす
  2. シャワーでの予洗いは入念に!お湯の温度は38~40度を目安に
  3. シャンプーは手のひらで泡立ててから乗せる
  4. 爪を立てず指の力で揉みこむように洗う
  5. 泡が残らないようにしっかりすすぐ

いかがでしょうか?

男性の場合は特に、強い力でゴシゴシと洗ってしまいがち。

爪を立てず、気持ち良いと思う力加減で揉みこむように洗いましょう。

ドライヤー

男性の場合は髪が短い方が多いため、ドライヤー自体を使っていないことも多いでしょう。

しかし、髪の毛が短いからといって油断してはいけません。

髪が濡れた状態でそのままにしていくと、頭皮に雑菌が繁殖しやすく抜け毛を増やす原因になってしまいます。

もちろん、間違ったドライヤーの使い方をしても良くありません。

この機会に、正しい髪の毛の乾かし方をチェックしましょう。

  1. タオルでしっかり水気をふき取る
  2. ドライヤーは頭皮から15~20cm離して使う
  3. 最初は熱風で髪の毛の根元から乾かす
  4. 8割程乾いたら最後は冷風で全体を乾かす

今までドライヤーを使っていなかった男性は面倒に感じるかもしれませんね。

しかし、髪の毛が短い男性であれば、3分もかからず乾かすことができますよ。

若ハゲを予防・改善するために、今日から正しく髪の毛を乾かしてみましょう。

自分の若ハゲの原因がどうしても分からない場合は…

さて、ここまで男性の若ハゲの主な原因4つをご紹介してきました。

しかし、自分の判断だけではなかなか原因がわからないこともありますよね。

そこで、若ハゲの原因がどうしてもわからない場合は、専門クリニックに相談することをおすすめします。

下記で紹介するクリニックでは、無料カウンセリングや相談を受け付けているので参考にしてみてください。

AGAヘアクリニック

最初にご紹介するのは、AGAヘアクリニックです。

人気アイドルグループ欅坂46の長濱ねるさんがCMキャラクターを務め、一時注目されていましたね。

秋葉原に1院しかないクリニックですが、スマホによる遠隔診療にも対応しているので全国どこからでも治療を受けれます。

さらに、通院の場合も待合室から完全個室なので、人目を気にせず治療を受けられますよ。

AGAヘアクリニックの主な治療は、内服薬によるもの。

オリジナル処方薬を中心に、患者さんの希望に合わせたプランを提案してくれます。

予防をしたい方は5,500円~、積極的な発毛を希望する場合も月額最大31,000円までと、シンプルな料金設定も魅力の一つです。

残念ながら未成年者の治療には対応していませんが、20歳以降の方は一度相談をしてみると良いでしょう。

公式サイトはこちら
クリックして5〜10秒ほどお待ち下さい

AGAスキンクリニック

2つ目にご紹介するのは、GACKTさん出演のCMでお馴染みのAGAスキンクリニックです。

提携院を含め、全国に50院以上を開院する大手AGA治療専門クリニックですね。

スマホを使用した遠隔治療に対応しており、人目が気になる男性でも若ハゲの治療を受けられますね。

さらに、一部クリニックでは22時までの深夜治療に対応した医院もあり仕事終わりでも通いやすいでしょう。

AGAスキンクリニックでは、オリジナル治療薬をはじめ、メソセラピーや自毛植毛など幅広い治療方法に対応

ジェネリック医薬品であれば、月3,400円から治療を開始でき、費用を抑えたい方にも人気のクリニックです。

未成年者が受診する場合は、来院時に保護者の同意書が必要となるためあらかじめ用意しておきましょう。

男性特有の若ハゲの治療を、さまざまな方法で検討されている方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら
クリックして5〜10秒ほどお待ち下さい

ヘアメディカル

最後にご紹介するのが、治療実績が豊富なヘアメディカルグループです。

東京2院、大阪2院、名古屋、福岡の計6院のみなので、通える人は限られるかもしれません。

東京大阪は、男性女性それぞれの専門クリニックを開院。

他のクリニックでも待合室を分けるなどして、異性の目が気になる男性でも通いやすいでしょう。

ヘアメディカルグループは、主に服薬治療をメインとして取り扱っています。

特に人気なのは、アドバンスト発毛治療というオリジナルの治療方法。

豊富な治療実績から作成した600通りのプランの中から、患者一人ひとりに最適な薬を処方してくれるというもの。

月々最大32,000円までと、治療費の上限が明記されているのも安心できるポイントですね。

未成年者がカウンセリングや治療を受ける場合には、保護者の同伴が必要となるそうです。

自分にピッタリ合った治療プランを知りたい男性は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら
クリックして5〜10秒ほどお待ち下さい

まとめ!

いかがでしたか?

おしゃれを楽しみたい10代20代の内から、髪の毛という見た目の印象を左右する部位に悩みがあるのは不安ですよね。

しかし、昔に比べ男性の若ハゲの原因に関する研究は進み、対処方法もたくさん用意されています。

若ハゲに悩むストレスさえも、症状の悪化の原因になってしまうもの。

専門クリニックも多く開院しているので、無料カウンセリングなどを活用するのも一つの方法ですよ。

一人で悩まず適切に男性の若ハゲをケアしていきましょう!